XAMPPでブログのテスト環境を作ってみる[WordPress]

シェアしていただけるとうれしいです


前回のエントリで、Windows PCの中にApache(Webサーバー)、PHP(プログラム)、MySQL(データベース)の環境を作りました。
今回は、この環境に、バックアップした本番のWordPressのバックアップを使って、ブログのテスト環境を作ります。

用意するものは、こちら。

ブログのテストにはXAMPPがオススメ[WordPress]
テストの環境のオススメ WordPressをカスタマイズしようとしてファイルを編集して、 画面が真っ白でなにも表示されない! ...
ブログのバックアップを取ろう[WordPress]
デジタルデータは脆いです。一瞬にしてデータを失いかねません。もし今使っているPCのハードディスクが壊れたら。もし今使っているスマホを水没...

お手元のWindows PCにXAMPPがインストールされていて、ApacheとMySQLが動いていること、最新のバックアップがとれていることを前提におはなしを進めます。



データベースの作成と復元

テスト環境に使うデータベースを作成し、バックアップしたファイルからデータベースを復元します。

データベースの作成

XAMPPのコントロールパネルで、ApacheとMySQLを起動してください。

MySQLの「Admin」をクリックすると、ブラウザが立ち上がり、phpMyAdminのページが表示されます。

phpMyAdmin

URLは下記です。

ブログの記事などを入れるデータベースを作成します。バックアップを取ったデータは、このデータベースの中に復元されます。

上のメニューの「データベース」をクリックします。

「データベース」をクリック

データベース名は「wp_test」、照合順序は「utf8_general_ci」を選択します。「作成」をクリックします。

データベースの作成

「データベースが作成されました!」と表示されて、作成したデータベースが一覧に表示されていれば作成成功です。

データベースの復元

実はデータベースのバックアップファイルをこのまま復元すると、本番の設定のまま復元されてしまい、記事へのリンクをクリックすると本番のWordPressのサイトへリンクします。これではテストになりませんので、バックアップファイルを編集します。バックアップファイルは「***.sql」というような名前になっていますが、実は中身は普通のテキストファイルです。テキストエディタで開くことができます。メモ帳でも開くことはできるのですが、残念ながら、改行コードが対応していなくて、編集することができません。

テキストエディタをお持ちでなければ、フリーのもので十分ですので、ダウンロードしてお使いください。ぼくは「秀丸」というシェアウエアのテキストエディタを使っています。

では、秀丸でバックアップファイルを開きます。テキストエディタの機能を使って、あなたのWordPressのサイトのURLを一斉置換します。

  • 検索する文字列
    あなたのサイトのドメイン名
  • 置換する文字列
    localhost

ぼくの場合でしたら、maro.sakanoueno.me→localhostです。

置換が終わったら、

にアクセスします。左側のデータベースの一覧から「wp_test」を選択します。

データベースを選択

インポートをクリックします。

インポート

「参照ボタン」をクリックして、バックアップファイルを選択するのですが、ちょっと待って下さい!「(最長: 2,048KiB) 」って書かれていますね(日本語が変ですけど)。ぼくのバックアップファイルはすでに2.7MBあります。ちょっとインポートできそうにありません。

注意書きを読んでみると、ZIP形式の圧縮ファイルでもいいようです。ZIP形式に圧縮してやってみましょう。

「参照」をクリックして、圧縮したZIPファイルを選択します。

ファイルを選択

下の方にある「実行」をクリックします。画面が切り替わるまでしばらくかかります。

実行をクリック

復元が無事終わりました。

復元完了

バックアップしたファイルのコピーと編集

バックアップしたファイルをXAMPPのディレクトリにコピーして閲覧できるようにします。

バックアップしたファイルのコピー

XAMPPのドキュメントルート(Webの一番上のディレクトリの階層)は、C:\xampp\htdocsです。ここへバックアップしたWordPress本体、プラグイン、テーマ、画像、の各ファイルをコピーします。
その前に、元からあるhtdocsにはXAMPPのファイルが入っているので、C:\xampp\htdocs.bakなどに名前を変えて、新しくC:\xampp\htdocsを作りましょう。

htdocsをリネームして新規作成

バックアップしたファイルを丸ごとC:\xampp\htdocs.bakにコピーします。

丸ごとコピー

wp-config.phpの編集

バックアップしたwp-config.phpは、本番のWordPressのデータベースに接続する設定になっています。これをXAMPPのデータベースに接続する設定に変更します。
テキストファイルなので、メモ帳でも編集できます。

該当箇所を上のように書き換えてください。パスワードは設定していませんので、「”」です。

表示を確認してみよう

さぁ、これで設定は全て終わったはずです。うまく表示できるでしょうか?

にアクセスしてみてください。

どうでしょう?

復元後

一部うまく復元できていないところがありました。ぼくの場合、ヘッダ画像と、ヘッダのメニュー、サイドのテキスト項目が消えてしまっていました。
消えてしまっていたのは、手動で復元しました。
消えてしまっていたものは、別の方法で保存しておき、復元のときに管理画面から修正した方がいいかもしれませんね。

バックアップの取り方の記事は書いたものの、それを復元できるかどうか検証していなかったので、今回、とりあえず復元できるところまで持っていけるということが実証できたのでよかったです。

あと、本番のWordPressの設定を触るときは、XAMPPのWordPressで試してみてから、本番へ導入する、という流れが作れますので、本番のサイトが見れなくなっちゃった、というようなトラブルは劇的に減りそうな気がします。

サーバーのトラブルの際、サーバー移転の際の作業の確認にもなったので、良かったと思います。

みなさんも、いちど手順をご確認ください。

いわゆる「画像直リンク」、画像の複製は固くお断りいたします。
スポンサーリンク

シェアしていただけるとうれしいです

フォローよろしくお願いします

関連記事



スポンサーリンク