mineo PC・728 x 90

VAIO XにWindows 10をインストールしてみた

シェアしていただけるとうれしいです

VAIO X

Windows 10って使ってみました?

Windows 10
iPhone 6sが発売されて浮かれているみなさん、もうWindows 10は試されましたか?Windows 3.1 → 95 → 98 → 2000 → XP → Vista → 7 → 8 → 8.1と、Meだけをのぞいて歴代のWindowsを使い続けてきたぼくですが、これまで最高のWindowsはWindows 7だと思っていました。

システムの堅牢さ、使い勝手、どれをとってもWindows 7の右に出るWindowsはないでしょう?スタートボタンがなくなってしまったWindows 8なんて、Windowsの名前を冠するだけおこがましいって。

新しいWindows 10、なんとスタートボタンが復活しました。とはいえ、Windows 8/8.1のタイルメニューが未練がましく残っていますが、Windows 7までのおなじみのスタートメニューとWindows 8/8.1のタイルメニューが見事に融合したメニューになっています。

ぼくがメインに使っているVAIO T(Core i3)は、Windows 10が発表されダウンロードできるようになって、すぐにWindows 8.1→Windows 10にアップグレードしました。快適に問題なく使えています。懸念点だったデバイスドライバも問題ありません。

実は、メインで使っているVAIO T以外にもVAIO Xというノートブックを持っています。2010年6月に発表された機種で、もうかれこれ6年以上前の機種です。一時期はやった「ネットブック」と呼ばれるカテゴリのノートブックです。Windows 7 Professionalがプリインストールされていましたが、Windows 7でも少し重たく感じていました。Windows 8のライセンスを購入してアップグレードしてみましたが、Windowsの起動は速くなったものの、普段使うには激遅すぎて使い物にはならず、仕方なくLinuxのFedoraというディストリビューションをインストールして使っていました。

Google Chromeも、もずく(Google日本語入力)も使えるので、ブログを書くには問題ない環境だったんだけれども、しんさん(@ikuji_to_IT)がネットブックにWindows 10をインストールしたという記事をアップされていて、
【IT】6年前のネットブックにWindows10とOffice365 solo導入してみたよ
@sakanoueno_maro アイドル中はこんな感じですね。Office単体なら耐えられそうです^^ pic.twitter.com/PvL2CijbZd— しんさん (@ikuji_to_IT) 201
結構快適に使えているということなので、ぼくもVAIO XにWindows 10を入れてみることにしました。

VAIO XにWindows 10をインストールする

Windows 7からWindows 10にアップグレードするのはそれほど難しくありません。こちらから
サイトhttp://www.microsoft.com/ja-jp/software-download/windows10
ツールをダウンロードして、ぽちぽちっとクリックすればアップグレードが始まります。

Windows 7をリカバリする

ただ、ぼくの場合はWindows 7がVAIO Xにインストールされていなかったので、一筋縄では行かず、まずはWindows 7をリカバリしなくてはなりません。

Windows 10のライセンスがWindows 7/8/8.1からのアップグレードが発表から1年間は無償であるものの、直接Windows 10をインストールするにはWindows 10のライセンスを購入する必要があるからです。一度Windows 7/8/8.1からWindows 10にアップグレードすれば、Windows 10のライセンスは購入する必要はなく、同じPCであればWindows 10を直接インストール(クリーンインストール)できるとのことです。

ということで、どこへ行ってしまったかわからなくなってしまっていたWindows 7のリカバリメディアを必死で探しだし、VAIO XをWindows 7にリカバリしましたとさ。ハードディスク(VAIO XはSSD)にリカバリ領域が残っていればリカバリメディアは不要だったんだけれどもね。消してしまったものは仕方ない。

Windows 10にアップグレードする

リカバリが終わったら、Windows 10のアップグレードのツールをダウンロードして、アイコンをぽちぽちっとクリックします。アップグレードするか、インストールメディア作成用のISOファイルを作成するか選べますが、今回はそのままアップグレードします。

特に難しいところもなく、無事にアップグレードが終わって、Windows 10が起動しました。めでたしめでたし。

Windows 10をクリーンインストールする

一通りざっと触ってみて、問題がなさそうなことを確認しました。
気になるのがVAIOに元々入っている様々なプリインストールのソフト。使わないんだよね。

あと、OSのアップグレードって不安定なことがあるから、余り好きじゃないんだよ(と言いながらも、メインのVAIO TはWindows 8.1→10のアップグレードのままですが)。

せっかくですから、この機会にWindows 10をクリーンインストールすることに挑戦してみました。

様々な情報を元にすると、Windows 7/8/8.1からWindows 10にアップグレードしたPCは、Windows 10のライセンス番号がなくてもWindows 10をインストールすることができる、とあります。今まさに手にしているVAIO Xがその状態なわけです。

VAIO XにDVDドライブをUSBで接続して、先ほどダウンロードしたツールをぽちぽちしてISOファイルを作成、DVD-RWに焼いて、そこから起動してWindows 10のクリーンインストールを開始しました。

これも難しいところは何もありません。画面の指示通りにぽちぽちしていけばいいだけです。途中でライセンス番号を2回ほど聞いてくるのですが、Windows 7のライセンス番号を入れても怒られます。ここは「スキップ」または「後で」をクリックすればOKです。
ライセンス認証
インストールが完了すれば、Windows 10の認証画面が立ち上がってきます。

VAIO XでWindows 10を使ってみて

Intel Atom Z550 2GHzでメモリ2GBの環境でも、問題なくWindows 10が起動します。Core i3のVAIO Tと比べるとモッサリ感があるのは致し方ないですが、「使えない」ことはないです。少なくとも、Windows 7よりも快適になっています。

ウイルスバスターをインストールして、Google Chromeでタブを7つ立ち上げてこんな感じです。
タスクマネージャー
まだまだ余裕があります。

Google ChromeでEvernoteを開いてこの原稿を書いていますが、Evernoteのページを開くのに時間は少々かかるものの、文字入力にタイムラグなどは感じません。日本語入力はMicrosoft IMEは嫌いなので、Google日本語入力を使っています。

あ、そうそう、肝心のライセンスですが、問題なく認証されています。Windows 7からWindows 10にライセンスした時の情報がMicrosoftに保管されているらいです。以後、ぼくのVAIO XではWindows 10はクリーンインストールし放題、ということですね。
システム

そういえば、気になる点が1点あって、デバイスがひとつ認識されていません。
デバイスマネージャー
多分VAIO Xの特有のデバイスなんでしょうけれども、問題なく使えているので気にしないことにしておきます。

新しいPCが快適に使えるのはわかっているんだけれども、そうそう簡単に新しいPCを買えないのが我々サラリーマンの実情。大切に手元においておいた古いPCで最新のOSが使えるというのは嬉しい話。5年前のPC、まだ現役で使えそうです。

追記

2015/10/10
2週間ほど使ってみての使用感をアップしました
https://lab.maro-log.net/post-2600/

WEBのシステムを作ったり保守したりするSE/プログラマというものをしています。
ブログやってますがブロガーではありません。週末WEB随筆家です。
まろと呼んでください。
スポンサーリンク